今日よりちょっと賢い明日、今よりずっと自由な未来

Liberal Arts & IT

「BOOK」 一覧

『心霊探偵八雲』が面白い!ネタバレなし

2021/05/06   -BOOK

私が最初に心霊探偵八雲を呼んだのは中学生の頃。面白い!と思ったものの、その時点で出ていた巻を読み切ってからはその存在を忘れていました。最近になって、心霊探偵八雲の最終巻となる12巻が発行されたことを知 ...

リベラルとは何か。分断する世界の中で、意見を持った人でいたい。[上級国民/下級国民]

2021/03/14   -BOOK

リベラルとは、個人の自由、個性を重んずるさま、自由主義だと定義されています。対義語は保守で、旧来の風習・伝統を重んじ、それを保存しようとすることです。(広辞苑) 私の主張を先に述べると、「リベラルだけ ...

沖縄の貧困【足を引っ張るムラ社会で求められる自尊心】

2021/02/26   -BOOK

綺麗な海、暖かな気候、穏やかな島人。基本的にはリゾート地のイメージで、政治的には米軍基地問題がある、くらいの印象だった沖縄。思えば、小学校の社会の教科書に載っていた人口統計データを見た時から、沖縄の異 ...

2020年読んだ本まとめ

2021/01/18   -BOOK

読書メーターが2020年の読んだ本まとめを作ってくれました。 小説では、『非色』以来有吉佐和子の作品に衝撃を受けて、同じ作者の本を何冊か読みました。戦中・戦後の苦しい状況下で、逞しく生きる女性が描かれ ...

リーダーシップは社会人基礎力!日本で勘違いされ続けているリーダーシップの本当の意味[採用基準]

2021/01/17   -BOOK

採用基準ー地頭より、論理的思考力より、大切なもの 伊賀泰代さんの『採用基準ー地頭より、論理的思考力より、大切なもの』を読了しました。 社会派ブロガーちきりんのTwitterは私もフォローしていましたが ...

金持ちってどんな人?『金持ち父さん貧乏父さん』

2020/03/24   -BOOK

お金の哲学を教えてくれる本、ロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだので、これから行動に移すためにも内容をまとめておく。 お金持ちってどんな人? まず、金持ちになる方法を知るためには、「 ...

【男女脳に違いはある】思考プロセスが違うだけ

2019/11/29   -BOOK

至る所でオススメされていた本、『女の機嫌の直し方』。 一見男性が書いた男性向けの本かと思いきや、著者は女性。それも脳科学や生物学、解剖学ではなく、人工知能の研究者。女子校・女子大から圧倒的に男性が多い ...

成功本なんて読んでないで実践しろ

2019/11/10   -BOOK

最近読んだ本、水野敬也さんの「夢をかなえるゾウ」。3巻まで出版されているが、1巻は建築家としての成功を夢見る会社員、2巻はお笑い芸人、3巻は結婚したい女性の物語だ。読み手の状況にも依るんだろうけど、私 ...

命がけの南極到達レース;極限状態で求められる要素

2019/07/14   -BOOK

本田勝一の『アムンセンとスコット』を読みました。 『中古』アムンセンとスコット—南極点への到達に賭ける イギリスから来たスコット隊と、ノルウェーから来たアムンセン隊。2グループとも「世界初の南極点到達 ...

「読んで満足」から抜け出すために

2019/07/06   -BOOK

読んだ本を自分のものにできているか。 自己啓発ともいえるような読書をするようになってから気になり始めたのは、「読んで満足」に陥っていないかどうかだ。 まだ20代。 今から効率的なインプットができるよう ...

Copyright© Liberal Arts & IT , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.