今日よりちょっと賢い明日、今よりずっと自由な未来

Liberal Arts & IT

IT

割り勘計算してくれるLINE botを作ってみた②完成品紹介

更新日:

旅行に行った時、Aちゃんはレンタカー代を払って、Bくんは宿代を払って、Cちゃんはご飯代を払って。。。とやっていくと最終的に誰が誰にいくら払えば良いのか分からなくなるやつありますよね??
LINEノートに書き込んでおいて帰り道に清算、、、とかやっていましたが、毎回四苦八苦していました。

友達がそれぞれ自分の立替額を入力すれば自動で決算してくれるアプリ、それも、友達にアプリをインストールしてもらう必要がなくて手軽に使えるやつ、、、
と考えると、Line botでやってくれれば良いじゃん、となったわけです。

そして完成したのがこちら。
Split it!というアカウント名です。

割勘LINE botの使い方

  • このアカウントを割勘計算したいグループに招待
  • 「請求:100」で100円を立て替えたことを意味するので、何かを支払った人がそれぞれ「請求:00」と送信していく
    (:(コロン)は全角、数字は半角)
  • 間違えて請求してしまった場合は「差引:100」で請求金額の取消が可能
  • 割勘計算を実行したい時には「決算:」と送信
    決算は何度でも実行可能です。

制約(2020/11/21時点)

今のところSplit it!は非認証済みアカウントなので、line bot apiの一部の機能が使えません。
具体的には、Split it!の友達以外のプロフィールを取得したり、グループメンバーの人数を数えたりができません。

そのため、Split it!を招待したグループに参加しているメンバーは全員Split it!を友達登録した上で、支払いをしていなくても「請求:0」と0円を請求してください。

「請求:」、「差引:」など、Split it!のコマンドに含まれるメッセージを送信した場合には必ずSplit it!から返信があります。
友達登録しないとSplit it!から返信が来ないです。

現在アカウント認証の申請中なので、無事認証されれば機能改善できそうです。

支払はLINE Payにするとスマートですね。

-IT

Copyright© Liberal Arts & IT , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.