今日よりちょっと賢い明日、今よりずっと自由な未来

Liberal Arts & IT

BOOK

現代人にこそ哲学が必要。「武器になる哲学」の面白ポイント

更新日:

山口周さんの「武器になる哲学」を読みました。
「ビジネスパーソンこそ哲学を学ぶべき」という主張は、私が本ブログ「リベラルアーツとIT」のトップに書いた通り、とても共感できるものでした。

なぜ現代人に哲学が必要なのか

この本では、単純に哲学史を学ぶのではなく、哲学者の思考法や現在にも活かせるtipsを得ようとしています。
哲学者が発言した結論だけを見ると、「ギリシア時代にはすごいと思われても科学が発展した今では当たり前じゃん」と思うような内容であることも多々あります。しかし、重要なのはその結論ではなく、科学も何もないその時代に一日中考えて答えにたどり着いたその思考プロセス。このプロセスこそ、現在にも活かせるtipsだと言えるでしょう。
具体的になぜ現代人が哲学を学ぶべきなのかを記しておきます。

  • 状況を正確に洞察する
  • 哲学者が考え始めるきっかけは、現状のおかしな点に気づくこと。哲学思考のプロセスを学ぶことで、現状を正確に把握する力がつくでしょう。
  • 批判的思考のツボを学ぶ
  • 一人目の哲学者が発表した答えを批判的に見た二人目の哲学者がより正しい答えにたどり着く。その歴史の流れを知っていれば、その答えは本当に正しいのかを考える力がついていくでしょう。
  • 課題設定能力
  • 目の前の慣れ親しんだ現状からイノベーションを起こすためには、適度に常識を疑い、新しいものを発見する力が必要。そのためには、今あるものがなかった昔の状況や、日本の常識が通用しない外国の知識などの教養が役に立ちます。
  • 2度と悲劇を起こさないために
  • 歴史上の悲劇を起こしてきたのは、一部の権力者ではなく大衆、つまり私たち一人一人です。同じ悲劇を起こさないためには、悲劇の歴史を学ぶ必要があります。

この本では哲学から現代に活かせるtipsを抽出することを目的にしているので、時間軸に沿った哲学史を示していません。しかし、私のような歴史にも哲学にも疎い人にとっては、ざっくりとした哲学史年表が必要だったので、それはこちらのページに作りました。最初に歴史の全体像を把握した方が理解しやすい人は、参考にしてください。

 哲学史をサクッとおさらい

この本では様々な哲学者を紹介し、そのキーコンセプトを示しているのですが、ここでは私が最も印象に残ったものを自分の解釈で書いておきます。

固執するより、逃げる勇気

ドゥルーズ、ガタリ(1984)『アンチ・オイディプス』、浅田彰『逃走論』で紹介された、「パラノ」と「スキゾ」という考え方です。パラノは一つのことに執着し、思考に一貫性がある人。スキゾは一つのことにこだわらず、いろんなことに興味を持って自由に動く人。
パラノとスキゾがそれぞれどんな生き方をしているのかを図にすると、こんな感じになると思います。

パラノ型は、「成功者」など何らかのイメージとなるアイデンティティがあり、それに関連した行動をとります。そして、現時点で区切りを入れると「T大卒で、〇〇商事に入社し、結婚して昇進して家も買っている成功者としての自分」という一貫したアイデンティティを見出せます。

一方スキゾ型はアイデンティティに固執しないので多様なことに興味をもつ一方、そのいくつかのことには興味を失います。従って、現時点だけを見ると、あまり関連性のなさそうな興味対象が並びます。

さて、一昔前まではパラノ型が賞賛されていたが今後はスキゾ型が増えるだろう、という主張になるのは想像つくでしょうが、パラノ型の何がまずいのか。それは、パラノ型は環境変化に弱いのです。もし〇〇商事が倒産したら、もし離婚したら・・・。自分の行動全てのベースになっている「成功者」イメージに外れることが起きた時、固執してきたアイデンティティを保つことができず衰弱していってしまうのです。
一方スキゾ型は、元々固執しているものが少なく、一つの興味対象を失っても関連性の低い場所に別の興味対象を持っているため、環境変化に強いです。その中でも特に強いのは逃げる勇気を持っているスキゾ型。「A社のままじゃダメだ!」と思った時に、倒産する前に副業を初めB社に転職するような行動です。起業寿命が短く、様々な職業が生まれたり消えたりしている現代で必要なのは、「このままじゃダメだ」と直感する危機察知能力と「お先に失礼します」と逃げる勇気でしょう。

他にも面白いコンセプトはたくさんありましたが、今回はこの辺で


↓完全オンラインで米国MBAを取得できるのはマサチューセッツ大学MBA
スキゾ型を目指す人へ

-BOOK

Copyright© Liberal Arts & IT , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.